editdisco by Fumihisa Miyata

フリー編集者の宮田文久が近況報告をするブログです。2016年夏に、7年あまり編集職を務めた株式会社文藝春秋より独立。ツイッター:@editdisco メール: editdisco☆gmail.com 雑誌『DISCO』(無料配布中)についてはこちら→http://editdisco.blogspot.jp/


2017年新春座談会 福田和代さん×田口俊樹さん×堂場瞬一さん(web集英社文庫)
2016年の海外翻訳ミステリを語りつくす座談会です、
文章構成させていただいています。

『週刊文春エンタ!』(12月5日発売、ローソン限定)編集・執筆
 「正月映画10本『ガチンコ シネマチャート』」の一部編集、
恩田陸さん×池上冬樹さん×千街晶之さんの座談会「2000年代『文春ミステリー』至高の10作」文章構成など


■WIRED関連執筆

「日本を変えるイノヴェイターが集った日:「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016」授賞式」

 「人に優しいテープ」を生み出した3つの「新」:100年企業・Nittoの複合的イノヴェイション

・ パナソニックはイノヴェイションを起こせるか? 初の「公募」制度が提示する未来

(順次追加しますー)


 


 ■WIREDウェブ関連のインタビュー記事(取材・構成)

トイレへの愛は、アフリカの社会を変革するか──山上遊

妥協なき技術を集結させる「1,000分の1,000」のものづくり──椎野秀聰

“つま先立ち”で、グルーヴをキープせよ。CGアニメ界からの提言──塩田周三

楽器をデザインし直す。誰もが楽器を触る時代のために──坂巻匡彦

ロボットは、生物のように生き生きと動くはずなんです──石黒章夫

暗闇の先の光へ。洗濯物折り畳みロボットをつくりあげた哲学──seven dreamers

なぜいま、東京に「祭り」が必要なのか:東京芸術祭の可能性を問う、宮城聰×太下義之×太刀川瑛弼・鼎談(前編)

東京を変える、世界へ伝える。2020に向けて動き出した東京芸術祭の可能性:宮城聰×太下義之×太刀川瑛弼【後編】

■過去に書いていたマレビトの会『長崎を上演する』レビューを、本家のサイトでご紹介いただきました。 

『文藝春秋オピニオン 2017年の論点100』編集協力


 


ひとまず、プロフィールかわりのブログを立ち上げてみました。
お仕事の近況報告(2016年8月~10月頭)をまとめてみますので、
ご依頼を検討いただく際などに
お役立てくださいませ。

■WIREDウェブ関連のインタビュー記事(取材・構成)

エンブレムに込めた“祈り”は世界のリアリティに応答するために──野老朝雄

“見たことのないVRゲーム”で繋ぐ、次の時代への魂のリレー──水口哲也

デジタル・デモクラティック! “生活”からのブランディングへ──ムラカミカイエ

「メガネがタダで配られる」そんな時代が来るかもしれない──田中仁

広告と再生。医学の袋小路を突破する、逆張りの革命──武部貴則

森本登志男「テレワークは、仕事も、生活も 『諦めない』ための新しい働き方である」

ルンバファミリーは、世界中の「家の中」をマッピングする


『フイナム・アンプラグド』04 (2016年9月24日発売)「スポーツパンク」特集内
・「スポーツ指導者のオールドスクール/ニュースクール」
・「スポーツ超人変人列伝」
記事2本ともに編集・インタビュー・ライティングなど



↑このページのトップヘ