editdisco by Fumihisa Miyata

宮田文久(フリーランス編集者)の近況報告ブログです。ツイッター:@editdisco メール: editdisco☆gmail.com


(下記は近年のお仕事の一部です。最新のお仕事はひとつ前のエントリーからご覧ください)

・津野海太郎著、宮田文久編『編集の提案』(黒鳥社)

編者まえがき


・ポン・ジュノ(インタビュー・構成)


・細野晴臣(インタビュー・構成)


・クソな世界で、自由であれ:伝説の映画監督タル・ベーラinterview(インタビュー・構成)


・世界をリサーチする、記憶装置としての私 『セノーテ』小田香interview(インタビュー・構成)


・堀江敏幸「気泡に封じ込められた微笑──夏目漱石『硝子戸の中』から」(企画・編集)


・「光文社古典新訳文庫ベスト・セレクション for Teens」
特典小冊子・読みどころ紹介(執筆)
『リア王』『車輪の下で』『ちいさな王子』『黒猫/モルグ街の殺人』『1ドルの価値/賢者の贈り物』『崩れゆく絆』『変身/掟の前で』『罪と罰』『怪談』


・『群像』2021年2月号
「小さなメディアをつくる 食の文筆家・木村衣有子に訊く」(企画・取材・執筆)


・『群像』2020年10月号
「漂うものを、つかまえる――テープ起こし職人に訊く」執筆
(桜庭夕子・久美子両氏インタビュー+論考)


・伊藤亜紗・渡邊淳司・林阿希子『見えないスポーツ図鑑』晶文社(編集協力)


・坂本龍一(インタビュー・構成)


・Awich | 人ではない目線から視る(インタビュー・構成)


・穂村弘「短歌に詠われた窓たち」前編・後編(企画・編集)



・高山明(編集・インタビュー)


・パオロ・ジョルダーノ『コロナの時代の僕ら』書評(執筆)


・ポン・ジュノ×濱口竜介(インタビュー・構成)


・池田亮司が生んだ「自由な夜」の記録(取材・執筆)


・WWE(取材・執筆)


・『DISCO vol.2』(自主制作で編集した小雑誌。PDFはフリーダウンロード可)
藤井光/若林恵/鈴木透/田邊雅之/柳樂光隆/ビーバップみのる/井上崇宏/檀上遼/磯野真穂/荒木優太


・イベント「わたわたフェス」主催
柴崎友香/伊藤亜紗/諏訪敦彦/今泉力哉/若林恵




■群像2022年7月号
・「国家と批評」第Ⅰ部完結インタビュー 大澤聡「国家と批評と生活と」(聞き手)


■ヒルズライフ
・Coming soon...

■Pen
・Coming soon...
・Coming soon...

■Quick Japan
・Coming soon...

■QJweb
・「編集とは途中の極み」編集者・宮田文久が語る雑誌編集の面白さとは(雑誌掲載記事のウェブ転載)


■堂場瞬一『弾丸メシ』(集英社文庫)
・堂場瞬一×平松洋子対談(構成・単行本転載)


■音筆の会(登壇)
・番外『編集の提案』の変|第2講「編集部の演技」


■國學院大學メディア
・Coming soon... 


■WIRED.jp(取材・文)
・誰かの“主観”になってみたい:湯浅政明、映画『犬王』とアニメーションを語る


・見えない脅威を映像化するということ:ヒロ・ムライがSFドラマ「ステーション・イレブン」で描いた“リアリティ自体が揺らぐ世界”


■ゲンロンカフェ(登壇)
・津野海太郎×宮田文久×仲俣暁生「時代を超える編集の夢――君は『津野海太郎』を知っているか」


■週刊文春CINEMA! 2022夏号(取材・文)
・筒井真理子が熱弁、ホン・サンスの魅力
・ホン・サンス作品構成要素、徹底検証


■cafe MARUKU Zine「0.9」
・ 「ノン/アルコールのリフレイン(仏哲学者の思案から)——ノンアルの学究・2」(執筆)


■音筆の会(登壇)
・音筆の会:番外『編集の提案』の変|第1講「テープ起こし再び」


■集英社文庫web(構成)
・森本浩平×松永多佳倫×江口洋「『沖縄。人、海、多面体のストーリー』 刊行記念座談会
――復帰50年、「沖縄を書く」ということ」



↑このページのトップヘ