editdisco by Fumihisa Miyata

フリー編集者の宮田文久が近況報告をするブログです。2016年夏に、7年あまり編集職を務めた株式会社文藝春秋より独立。ツイッター:@editdisco メール: editdisco☆gmail.com 雑誌『DISCO』(無料配布中)についてはこちら→http://editdisco.blogspot.jp/


短編小説アンソロジー『走る?』(文春文庫)が、
2017年8月4日に刊行されました。
筆者の皆さんは、 東山彰良、中田永一、柴崎友香、王城夕紀、佐藤友哉、遠藤徹、前野健太、古川日出男、岩松了、小林エリカ、恒川光太郎、服部文祥、町田康、桜井鈴茂(敬称略)。
表紙のイラストはオオクボリュウさんにお願いしております。

CINRA.NETさんがご紹介くださった記事は、こちら
HOUYHNHNM(フイナム)さんがご紹介くださった記事は、こちら
エキサイト・ニュースなど配信(松井ゆかりさん筆)は、こちら
読売新聞でご紹介くださった書評(中村計さん筆)は、こちら

古巣の株式会社文藝春秋にいた折、
エクササイズ誌『Number Do』にて企画編集していた
”走る”短編小説のオムニバス連載「READ and RUN!」の文庫化となります。
嬉しいことに豪華メンバーの皆さんにご参集いただき、
そのうえこの度刊行の運びとなりました。
どうぞお気軽に手にとってみてくださいませ。

走る? (文春文庫 ひ 27-51)
東山 彰良
文藝春秋
2017-08-04




■堂場瞬一『黄金の時』(文春文庫) 巻末解説

黄金の時 (文春文庫)
堂場 瞬一
文藝春秋
2018-06-08

 
→ウェブにも転載されております、こちら

■若林宮音筆の会 第4講「その人選はどうなの」

■國學院大學メディア
藤本頼生さんインタビュー


■Forbes JAPAN
世界はいま「美術と観光」を求めている|北川フラム

■CINRA
燃え殻インタビュー。もしSNSがなかったとしても、僕らは出会う
鋤田正義に迫る『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』評 
ソニーが東京の「超一等地」に公園をつくる。未知なる場づくりの面白さとは

■國學院大學メディア
「物語を<体験>する」【井上明芳・文学部教授】


↑このページのトップヘ